摘出しないがん治療

TGC東京がんクリニックはがん治療・相談専門院です

お問い合わせ

光免疫療法をはじめとし、遺伝子治療に至るまで、複数の治療法をご用意しております。

がんの「再発防止」や「転移の予防」に対してもご対応可能です。
また、専門クリニックならではの治療法と標準治療を組み合わせる複合治療が可能です。

東京でがん治療にお悩みの患者様やご家族の方はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ
新型コロナウイルス予防対策について
光面免疫療法をご存じですか?
光面免疫療法をご存じですか?

世界で認められている光免疫療法

光療法

直接的にがんを攻撃し破壊する

光療法
光療法

免疫療法

破壊された細胞を免疫が覚え再度攻撃する

免疫療法
免疫療法

TGCの光免疫療法は全身に対応

EPR効果を使用しているため、全身のがんに対応

TGCの光免疫療法は全身に対応
TGCの光免疫療法は全身に対応

TGC東京がんクリニック院長紹介

小林賢次院長

小林賢次院長

経歴

  • 1991年3月 京都大学法学部卒業
  • 2000年3月 富山医科薬科大学医学部医学科卒業
  • 2000年5月 同愛記念病院 臨床検査科
  • 2002年5月 NTT東日本関東病院病理診断部
  • 2011年6月 新八重洲クリニック 院長
  • 2017年10月 GENE大阪クリニック 院長
  • 2019年1月~ 東京がんクリニック開院

出身大学

  • 京都大学法学部卒業
  • 富山医科薬科大学医学部医学科卒業

資格

  • 日本医師会 認定産業医
  • 日本医師会 認定スポーツ医
  • プライマリケア連合学会 認定医
  • 日本抗加齢医学会 専門医
  • 日本人間ドック学会 認定医
 

TGC東京がんクリニック 院長挨拶

 私は、保険診療をするうちに現在の標準治療だけでは、すべての患者さんの治療を完治・根治するのは難しいと感じました。
 標準治療と自由診療の治療を併用することで、がん治療の効果を上げ、一人でも多くの患者様に完治・根治の確率を上げていきたいと思います。
 自由診療は今まで、保険診療とは違い症例数が少なかったのですが、ここ数年、がんの患者数が増加して、免疫療法や遺伝子治療などの治療を受ける患者様が増えてきたことにより症例数も増えてきました。
 私は、標準治療と自由診療の併用治療が今のがんの患者様の治療効果を上げることはもちろん、副作用が少なく患者様の身体と心に負担の少ない治療を心がけております。
 標準治療は提携の医療機関をお勧めし、自由診療は当院が最新の治療を駆使して治療に尽力致します。

TGC東京がんクリニック院長 小林賢次

TGC東京がんクリニックの特徴

光免疫療法

光免疫療法導入院

当院では光免疫療法を主体として治療内容をご提案しております。標準治療を受けることが困難な方、末期がんで治療方法をお探しの方からご相談を頂くことが多いです。

末期がん・原因不明ながんにも対応

当店の光免疫療法の特徴としては、EPR効果を用いている点が挙げられます。そのため、凡そ全身のがんに対応する事が可能となっております。

光免疫療法
がん治療実績・経験豊富な医師が在籍

がん治療実績・経験豊富な医師が在籍

がん治療を専門で行っている医師はまだまだ少ない傾向にはあります。当院はがん治療・相談専門院であるため、がん治療での実績経験が豊富な医師が在籍しております。ご不明な点などございましたら、些細な事でもご相談ください。

がんの再発・転移防止にも対応

光免疫療法をはじめとする複数(遺伝子治療や免疫療法など)の治療法をご用意しておりますので、がんの「再発防止」や「転移の予防」に対しても高い効果を発揮致します。  また、専門クリニックならではの先端治療と標準治療を組み合わせる複合治療が可能ですので、東京でがん治療にお悩みの患者様やご家族の方はお気軽にご相談ください。

がんの再発・転移防止にも対応
副作用が少なく高齢者・子供でも受けやすい治療

副作用が少なく高齢者・子供でも受けやすい治療

がん治療には「副作用」が伴います。当院で採用している光免疫療法は正常な細胞は傷つけず、がん細胞をアポトーシスに導く治療方法です。 そのため、標準治療に比べて副作用が少なく、体力なない高齢者や子供でもご対応が可能です。

TGC東京がんクリニックの治療内容

現在では日本で光免疫治療を導入している、病院およびクリニックは少なく、治療を待ち望まれている患者様の多い治療となります。

  がん遺伝子医療とは、がん細胞にがん抑制遺伝子を導入することで、がんの増殖や転移を止めることにより、アポトーシス(自然的細胞死)に導くという先端治療となります。  がん遺伝子医療の特徴は、副作用が少なく、体力が低下している末期状態の患者様でも治療を受けて頂けます。  また、遺伝子に直接作用させる治療法のため、「がんのステージ」や「転移」・「再発」などを問わず治療可能です。

複合がん免疫治療はER治療やアポトーシス亢進治療などを用いて、免疫機構の非特異的免疫機構の獲得免疫系に作用をもたらし、異物の排除をはじめ、免疫記憶を誘導させる事によって治療する方法を指します。  また、標準治療(手術、放射線や抗がん剤など)との併用治療も可能であるため、現在標準治療を受けている方でも、標準治療と並行して治療を行う事が可能です。

 がん治療に関して総合的な検査を行います。  これによりがん遺伝子の発見や抗がん剤やホルモン剤への感受性を調査する事も可能です。  検査方法は5mlの血液を採取し、血液検体中に含有しているRNAを調査する事で各種がんの発現をチェックする事が可能です。また生活習慣による問題点を改善し、自己免疫力を向上させるCanTec検査を行う事が可能です。

 同じ癌(がん)でも一人ひとりで特徴や状態が異なります。  そのため、がん治療に使用するワクチンは、その癌の特徴に合わせたものを使用するのが理想と言えます。  自家がんワクチン療法とは、本人のがん組織を使用することで、患者様一人ひとりに合わせた専用のワクチンを作るがん免疫療法です。

 ガンキリンとは1998年に京都大学医学研究科教授達により、人の肝細胞からアンキリンリピートからなる世界で初めて新規で発見されたがん遺伝子を指します。  ガンキリンは本来がんを抑制するRBタンパクの働きを阻害している可能性が示唆されており、そのガンキリンを抑制する新たな治療方法です。

 がんは、DNAと共に遺伝やタンパク質合成を支配する”RNA(核酸)”の機能異常によって発生します。  アンチセンス治療は、検査によって機能異常に関係するセンスRNAを明確にし、そのセンスRNAが遺伝子に変化する前にアンチセンスRNAを体内に投与し、がん遺伝子の発現を阻止するという治療法です。

がん治療・相談費用一覧を見る

TGC東京がんクリニック情報

TGC東京がんクリニック内観
院名 医療法人社団良凰会 TGC東京がんクリニック
電話番号 0120-833-177
最寄駅 東京メトロ半蔵門線の水天宮前駅
メールアドレス tgc@gan-chiryou-clinic.com
診療時間 9:00~18:00(※土日休診) 診療日、休診日は変更となる場合がございますので、詳しくはお問い合わせください。 ※毎週水・日曜日は無料カウンセリング可
休診日 土日

アクセス

住所:〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町17-8 七山京ビル 4階

アクセス詳細を見る

メディア取材実績

ガンキリンについての取材実績(夕刊フジ)

ガンキリンについての取材実績(夕刊フジ)

 東京がんクリニックでは、「ガンキリン」も採用しております。  この「ガンキリン」に関しては夕刊フジにも掲載されています。  がん治療は手術、抗がん剤または放射線などの標準治療として行われており、それに加えて免疫治療、温熱治療が現在認知されております。  最近では技術の進歩により新たながん治療として注目されているのが、遺伝子治療です。  がんを完治に導く可能性は「がん化した細胞の増殖の抑制」が唯一の治療という概念から、遺伝子分野に多大なる影響をもたらす「ガンキリン」と呼ぶがんの遺伝子を世界で初めて発見されました。

TVホスピタルより光免疫療法に関する取材

 TGC東京がんクリニックが行っている光免疫療法に関して発行部数が25万部を超える「TVホスピタル」様より取材を受けましたので、お答えさせて頂きました。  がんの光免疫療法に関して、まだご存じではない方も多いと思いますので、今回このような貴重な機会を頂けた事に感謝致します。  現在光免疫療法によるがん治療をお考えの方はご参考頂けますと幸いです。詳細以下よりご確認ください。

▶TVホスピタルの記事を読む

光免疫療法
日刊ゲンダイより「舌がん」に関する取材

日刊ゲンダイより「舌がん」に関する取材

 日刊ゲンダイより、堀ちえみさんが手術をされた「舌がん」に関して、長きに渡るがん治療の実績を基に、質問にお答えさせて頂きました。  がんに関しての情報も少ないのが現状であるため、情報を集める事に苦労されている方も多いと思います。  TGC東京がんクリニックはがん専門院であるため、がん治療専門院の見地よりお答えさせて頂く事で、がんでお悩みの方々に少しでも情報をお伝えできればと考えております。  現在がん治療をお考えの方は、まずはご相談ください。  東京がんクリニックでは、堀ちえみさんの一日も早い回復を応援致します。

▶記事を読む

TBSのゲンキの時間への出演

「心臓には何故がんが出来にくいのか?」について、TBSのテレビ番組「ゲンキの時間」より取材を受けました。小林院長が出演し、質問内容に関してお答えしました。

▶TBSゲンキの時間テレビ出演映像を見る

TBSのゲンキの時間への出演
PAGE TOP