がん治療方法概要

インフォームド・コンセント等

インフォームド・コンセント等

医師には直接聞きにくい事もどのような事でもお聞き下さい。医療コーディネーターは医師と患者様、またはご家族に至るまで橋渡しとしての役割も担っております。まずはご来院頂き、カウンセリングを受けて頂きます。

項目 回数 費用
セカンドオピニオン 1 13,750円
インフォームド・コンセント(初診含) 1 13,750円
がん治療の相談 1 13,750円

インフォームド・コンセント詳細はこちら

セカンドオピニオン詳細はこちら

インフォームド・コンセント等

機能検査・がん幹細胞検査他

検査の種類 費用
 CTC検査2回 330,000円
 ※1 オンコトレース 220,000円
オンコトレースプラス 462,000円
 ※3 CanTect 220,000円

がん遺伝子と癌治療に関して総合的な検査を行います。  がん遺伝子の発現、または抗がん剤、ホルモン剤への感受性を調査する検査です。  5ml採血し、血液検体中のRNAを調査する事により、各種ガン(胃がんや大腸がんなどさまざまながん腫に対応)の発症をチェックする検査です。

生活習慣や環境、ストレスそして加齢など後天的ながんの発症要因によりがんが発症していないか、血液を通して調査する検査です。CsnTect検査により生活習慣を改善し、自己免疫力を高める事で、がん予防を行えるメリットがあります。

光免疫療法

光免疫療法

現在では日本で光免疫治療を導入している、病院およびクリニックは少なく、治療を待ち望まれている患者様の多い治療となります。

治療の種類 回数  費用
 光免疫療法 通院12回 3,300,000円

遺伝子医療

遺伝子医療

現在では日本で光免疫治療を導入している、病院およびクリニックは少なく、治療を待ち望まれている患者様の多い治療となります。

治療の種類 回数  費用
がん遺伝子医療1クール目 通院6回 1,650,000円
がん遺伝子医療2クール目 通院5回  1,375,000円

遺伝子医療詳細はこちら

自家がんワクチン免疫治療

自家がんワクチン免疫治療

自家がんワクチン療法とは、本人のがん組織を使用することで、患者様一人ひとりに合わせた専用のワクチンを作るがん免疫療法です。

治療の種類 回数  費用
自家がんワクチン 通院3回 1,650,000円

自家がんワクチン免疫治療詳細はこちら

複合がん免疫治療

複合がん免疫治療

免疫治療の効果をより高めるために、ER治療、アポトーシス亢進治療は使用されます。

治療の種類 費用
➀リスクチェック検査 88,000円
②ER治療 38,500円
③アポトーシス亢進治療 55,000円
 がん代謝療法 275,000円
  • ➀+②のセット治療の場合 125,000円(税別)+初診12,500円(税別)=137,500円(税別)
  • ➀+③のセット治療の場合 160,000円(税別)+初診12,500円(税別)=172,500円(税別)
  • ➀+②+③のセット治療の場合 195,000円(税別)+初診12,500円(税別)=207,500円(税別)

がん細胞を攻撃するキラーT細胞とその補助を行うヘルパーT細胞の働きを活性化させ、より効果ももたらす事を狙いとした治療方法です。

本来正常な細胞はアポトーシス(細胞死)のサイクルを兼ね備えているものですが、がん細胞にはその機能がなく、無限に増殖してしまう要因となっています。  アポトーシス誘導は、がん細胞内部のミトコンドリアの酸化的リン酸化、電子伝達系の機能を正常に改善し、アポトーシスに導く治療方法です。

ガンキリン治療

ガンキリン治療

ガンキリンは本来がんを抑制するRBタンパクの働きを阻害している可能性が示唆されており、そのガンキリンを抑制する新たな治療方法です。

治療の種類 回数  費用
がん遺伝子医療1クール目 通院6回 1,650,000円
がん遺伝子医療2クール目 通院5回  1,430,000円

ガンキリン詳細はこちら

アンチセンス治療

アンチセンス治療

アンチセンス治療は、検査によって機能異常に関係するセンスRNAを明確にし、そのセンスRNAが遺伝子に変化する前にアンチセンスRNAを体内に投与し、がん遺伝子の発現を阻止するという治療法です。

治療の種類 回数  費用
アンチセンス治療 通院2回  330,000円
アンチセンス治療 通院4回  660,000円
アンチセンス治療 通院8回 1,320,000円

アンチセンス治療詳細はこちら

PAGE TOP